患者からしたらみんな薬剤師さん

薬局で事務をしておりました。

そこで感じたのが、まず患者様は
薬局にいるスタッフみんなが薬剤師、または薬のことならなんでも知っていると思っていることです。

当たり前のことかもしれないのですが私はこのことにすごく驚きました。

処方箋をもらう際に健康状態やお薬についてなにか疑問やかわったとこがないのか薬剤師さんが聞いているのですが、やっぱりすぐでてこない方もいて、お会計のときにいきなりこの今もらったお薬っての見合わせは大丈夫なの?とか聞いてきます。

事務さんは答えることができません。なのでまた薬剤師さんにかわってもらってお話をするしかありません。

私でもわかることもあるのですが原則お薬のことについて指示することはできなかったのですこしもどかしい気持ちになります。

事務さんの仕事は保険関係の処理
処方箋の入力、レセプトの請求なのでまあ仕方ないことなのですが、答えられなくても、もっとお薬のことについて知りたい!!と思うようになり、頻繁に薬剤師さんにお薬のことについて聞いたり、患者様とのお話を近くにいるときに聞いたりしていました。

今ではお仕事では使えませんが、プライベートで簡単なことならわかるようになったので家族に情報を共有したりしています。

どうせ働くなら、知識も身につけたいなあと思ったことが、今ではすごく役に立つ知識になっています。

薬局というと、お医者さんの指示した薬を出してもらうところ。
簡単にいうと病院より下にみられがちです。薬剤師としての仕事ができず、ただ薬をはやく出せばいいんだよとお怒りになられる方も少なからずいます。

でも薬局はお薬のプロが集まっているところ、全然下なんてことはないです。お医者さんが見逃していた薬の重複なども薬剤師が気づいて処方変更することで患者様の負担が減ります。お医者さんに薬のことをこちらに任せてくれることによって、分業ができて効率よく回転します。

双方が仕事に誇りをもっていますし、人の役に立つ仕事に携われることに私はすごくやりがいを感じました。薬局で働くのってとってもやりがいがありました。