薬局における薬剤師のコミュニケーション力

医薬分業が開始されてから徐々に調剤薬局が増え、現在では小さな町の医院の横に調剤薬局がある風景をよく見かけます。薬剤師は病院の中だけでなく薬局で働く方が大半です。病院から発行された処方箋を元に薬剤師が調剤し、鑑査を行い、投薬します。患者様の病の重さはそれぞれ違うため、その方にとって心地よい空間を作るため、言葉遣い、視線、態度等に気を配ることを徹底します。例えば足腰が悪い方の場合、座席まで赴き、その場で投薬を行うこともあります。薬剤師は専門職ではありますが、薬局で実際に働いた私の経験上、サービス業に近いと思います。もちろん知識に関しては専門性を有しますが、患者様とコミュニケーションをとる上で必要なのは接客の技術だと考えられます。どう話せば分かってもらえるのか、患者様にとって知りたいことは何なのか、長年薬剤師として働いているとついつい患者様の視点に立つということを忘れてしまうことがあります。そういった時は私がこの薬局に患者として来たらどう思うかということを改めて考え直します。
病院での待ち時間が長く、怒りながら薬局に来られる患者様も稀にいらっしゃいます。処方箋を持たずにお薬が欲しいと訴えて来られる方もいらっしゃいます。そういった場合でも怒りをおさめて気持ちよく帰っていただけるにはどうしたらいいか。私は薬剤師として働きながら学ぶことがたくさんありました。知識面は自己学習でカバーすることができますが、対人関係の会話力、対応力はその場で養うしかありません。薬局に来られる方は様々です。コミュニケーションに正解はないと思います。患者様ひとりひとりにあわせた投薬というのは薬剤師にとって永遠のテーマではないでしょうか。
働きながらくじけそうになった時も何度かありました。しかし、ありがとう。またあなたにお薬もらいたいわ、とお声かけしてもらえたことがあります。私を必要としていただけたことに薬剤師としてのやりがいを感じました。
世間ではあまり注目されない職業の薬剤師ですが、町の薬局で日々頑張って働いている薬剤師がいるということを覚えていて欲しいな、と思います。