薬剤師という就職と転職

薬剤師というのは、6年間という長い薬学の大学生活を送った末に難易度の高い国家試験を受け合格しないとなれない職業というのは、みなさんもご存知かと思います。薬剤師というのは最近では希望する人数がとても増えていることに対し都心部では、薬剤師の需要が減ってきているのが事実です。この先インターネットでの販売の幅がひろがっていけば、更に需要が減ることは間違いありません。一昔前は資格さえとれれば一生就職には困らないと言われていましたが今では昔ほどではないと言われています。しかしドラッグストアーなどでも薬剤師が必要とされていますので、ドラッグストアーが増えてる今はそういった選択肢もあるかと思います。しかし、ドラッグストアーとなりますと、品だしからレジなどもやらなければなりませんので、多少高いお給料設定にはなっているものの、就業時間は長く逆にお薬関連の薬剤師ならではのお仕事よりも、品だしやレジ打ちのほうが一日を通したら多いかもしれません。せっかく苦労して取った薬剤師免許もレジや品だしばかりやるのなら意味がないと辞めてしまう方も多いと聞いています。とはいえ薬局などでは薬剤師は雇う側としても高額な給料設定せざるを得ませんので、新卒よりも経験値の高い方を優先してとる傾向にあるようです。そもそも薬剤師は人の命に関わる仕事ですので、当然かもしれませんね。地方では、薬剤師の数が足りないのが現状のようですので、地方にいけば、仕事に困ることはありません。
都心部に住んでる方が地方に行くとなれば多少なりとも抵抗があるかもしれません。薬剤師は公務員にもなれますのでもし空きがあればとてもラッキーだと思ってすぐに面接を受けたほうが良いかもしれません。ただめったに空きがないのも事実です。薬剤師の免許を持っていれば確かに色々な方面で働くことは可能ですが、どの方面の就業場所が合うかはよく考えて経験値を高めることをおすすめします。人の命に関わる重要なお仕事ですので、重く感じる方はドラッグストアーなど、薬剤師としてのスキルを高めたい方は、薬局更に薬剤師にプラスしたスキルを得たい方には保健所や、麻薬取締官など薬剤師としてもっと高みを目指したい方は、大学に残って研究というのもありかと思います。
重要が減っ他とはいえ、薬剤師という資格を持っているだけでも就業場所には、多少なりとも困らないとはいえ、簡単に転職できる世の中では、ありません。慎重に考えての転職をおすすめします。